FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

光の移動遊園地

29
2018  23:19:37

黄泉の国の見え方

enoden-2623709_1920.jpg

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』を観ました。
あまり前情報もなく観に行ったのですが、
鎌倉が、黄泉の国や魔界の入り口となっていて、
人間と幽霊と神様と魔物が共存しているという設定のお話でした。
なんともダイバーシティな場所という設定です。

そしてクライマックスに出てくる、
VFXで表現された黄泉の国は、迫力がありました。

お話の中で、「人によって黄泉の国の見え方が違う」と言っていて、
巨大な温泉街のような場所として表現されていました。
黄泉の国とは怖い場所ではなく、現世の垢を落とし、魂を休める場所、
そして来世に生まれ変わるまでの休憩場所のようなものだとも説明しています。
誰もがいつかは行く場所なのだから、そういう風にみんなが思えたらいいですよね。

この映画の中の黄泉の国は、山崎貴監督が死んだ後に行ってみたい世界を描いたと語っていますが、
自分にとっての黄泉の国をどんな感じの場所なのか、想像してみるのも楽しいのではと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ


<追記>
宇多田ヒカルさんの主題歌もこの映画にぴったりでした。
自分の死後を想像して制作されたそうですが、
とても愛にあふれた歌でした。
代わり映えしない明日をください
というフレーズがあるのですが、
毎日繰り返される日常こそが、
とても大切に感じられ、
宝物のような思い出になるものですよね。


関連記事
スポンサーサイト

 日々雑感