FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

光の移動遊園地

雲のドラゴン

ふと空を見上げたら、ドラゴンの形をした雲を見つけました。写真に撮ってみましたが、画像になってしまうと、全然ドラゴン感がなくなってしまいます・・・。残念。見つけたときは、結構はっきり龍だドラゴンだ!!と感じ、空を悠々と泳いでいる姿を感じたのですけど。カバンからスマホを出したり電源を入れたりしている間に、どっかにいっちゃったのかもしれませんね。ファンタジー的妄想かもしれませんが、自分的には雲のドラゴン...

霊的なエネルギーと電化製品

知り合いのデザイナーさんのお話。小さめのデザイン会社にお勤めで、普段はとてもおとなしい感じの女性なのですが、あまりにも無理難題を社長に言われ続け、腹に据えかねて、「そんなことできません!」と怒りに任せて大きな声で言い返したそうです。すると、同じ部屋で仕事をしていた5、6人のパソコンが、一度に全部シャットダウンしてしまったとのこと。あまりのことに全員が絶句したそうです。そしてデータを保存していなかっ...

夜、オニギリを・・・

今日はクラスで、いわゆるテレパシーの実習をしました。テレパシーの実習といっても、そんな堅苦しいものではなく、相手方が送ってくるものやメッセージを、受信するというもの。おそらく霊界の住人も、私たちミディアム役の人に同様にテレパシーで通信を試みてくると思いますので、肉体を持っている人間同士でもこの練習は非常に有効だと思います。で、今回の私へのお題は『夜、オニギリを、食べてはいけない』です。私がこのお題...

読書三昧

今日は、本屋さんに好きなだけ居てよくて、読みたい本があったら全部買っていい日にしました。(ただし、持って帰れるだけ)もう歩きたくなくなる程書店の中を彷徨い、吟味して選んだ本をレジに持って行ったのですが、本のタイトルに含まれる文字がかなり怪しいものばかりでちょっと気まずい気持ちになりました。霊霊界神社瞑想死後秘密念などなど…(汗)レジの女の人は私の顔を一度も直視せずに淡々と会計をして本にカバーをかけ...

ガングリオン

ガングリオンという単語を聞いて、『人類最後の希望』的なものを想像したのは私だけでしょうか?(笑)ガングリオンは手足などの関節にできる嚢胞でぽこっとコブのように膨らんでしまうというもの。原因はよくわからないそうです。私の友人で、手首の関節にこのガングリオンができてしまう方がいました。病院で嚢胞の処置をしてもらっていましたが、何度か再発しているそうです。アイイスのヒーリングセンターに何度か通って、ヒー...

眠い

ここのところ数日、とても眠いです。私はあまり乗り物で寝たりしないのですが、電車の中でうとうとしてしまったり、パソコンでメールを書いている途中で眠くなったり、今日はプロジェクターを使って、部屋を薄暗くしての勉強会で、熟睡してしまうところでした。ちゃんと寝てるしなんでこんなに眠いのか?少し怖くなったのですが、よく考えたら数日前から久しぶりにフラワーエッセンスを飲み始めたのだった・・・。原因は多分それで...

お祈り

自分オリジナルのお祈りを作り直しました。なかなか自分の言葉でよいお祈りを作るのは難しい。ライフワークになりそうです。でも、手紙を書くような気持ちで、私のレベルにあったお祈りを作る作業はそれなりに楽しく、ちょっと瞑想状態にもなり気持ちがすっきりします。心がもやもやしているとき、おススメです。a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=1005314" target="_blank">...

特にヒーラーやスピリチュアリストは

何か良くないことが周りで起こったり、おかしなことが怒ったりしたら、自分が奢っていないか、エゴが強くなっていないか、自分をよく観察しましょう。気がつかないうちに、自分の中の清かった部分が少しづつ汚れてきているかもしれません。愛と平和に基づいていたはずのアイディアが少しづつ劣化してるかもしれません。愛情を持った行動をすることができていますか?ひとを傷つけたりしていませんか?本能のままに、エゴにしたがっ...

グラガ

グラガというエッセンスを紹介されました。ちょっと前から話題になっていたエッセンスのようです。説明文は以下のとおり。人生の変容期において、大変パワフルな効果をもたらすエッセンス。今までの生き方に別れを告げ、自分自身の人生の目的にしっかり合致した生き方ができる助けをしてくれます。ある過去からの行動パターンが今は先に進むのを妨げているだけとなり、あなたを際限のない繰り返しの中に落とし入れているのだという...